So-net無料ブログ作成
検索選択
特殊効果写真 ブログトップ
前の10件 | -

鼻デカショット [特殊効果写真]

アンディとレニーの鼻デカショットはたくさん撮ってきました

犬の鼻デカ写真を初めて知ったのはTHA DOGのダックスフンドカレンダーです

その時にいつかは自分の愛犬の鼻デカ写真を撮りたいとずっと思ってました

blg39984A.jpg

2008年春に遂にフィッシュアイレンズを入手して鼻デカ写真を撮るようになりました

blg39985.jpg

最初はフィッシュアイレンズの扱いに悪戦苦闘しました

とくに2ワン一緒に並べてのWでの鼻デカショットは一番難易度が高かったです

成功させるにはアンディとレニーが同じ角度で顔上げた状態をキープして貰うことでした

blg39986.jpg

次第にレンズの特性に慣れてきていろんなアングルで写真を撮るようになりました

blg39987.jpg

フィッシュアイレンズがすっかりお気に入りになり何処へ行くにも必ず持っていきました

blg39990.jpg

プロのようにいきませんが自分なり納得のいく鼻デカ写真が撮れるようになりました

blg39991.jpg

レンズをかなり鼻に近づけましたがアンディとレニーは私を信じてじっと動かず待ってくれるようになりました

近づけ過ぎてレンズを鼻に付けてしまった事も何度かあります

blg39988.jpg

夏場は舌を出してるのでコミカルな感じのショットにもなりました

blg39989.jpg

お遊び写真を撮るには最適なレンズです

blg39992.jpg

いつもいろんなアングルで撮影に付き合ってくれたアンディとレニーには感謝です

blg39993.jpg

鼻デカ写真はいつも休憩も兼ねて撮影することが多かったので自然に表情もリラックスしてました

blg39994.jpg

思い出のアンディとレニーの鼻デカ写真はたくさんあります

慣れるまで失敗写真の連続でしたがフィシュアイレンズは本当に買って良かったと思うレンズです


nice!(215) 

晩秋の空と鼻デカ [特殊効果写真]

アンディとレニーを魚眼レンズでたまに写真を撮ってます

独特の描写になりますので遊び写真としてもいろいろと楽しんでおります

blg38791A.jpg

対角180℃で撮れますので背景を大きく入れたい時によく使ってます

blg38792.jpg

晩秋の空

blg38793.jpg

晩秋の空を背景にしたアンディ

blg38794.jpg

レニーの背景にも空を大きく入れたショット

blg38795.jpg

アンディの鼻デカショット

ある程度は鼻が大きくなるように鼻デカショットはこだわりを持って撮影してます

blg38796.jpg

レニーは少しアングルを変えての鼻デカショット

対角線魚眼レンズで撮ったアンディとレニーのお遊び写真でした


nice!(203) 

休日の鼻デカショット [特殊効果写真]

鼻デカショットのアンディとレニーの写真です

2008年に魚眼レンズを買ってからは鼻デカ写真をよく撮るようになりました

blg38037A.jpg

THE DOGの鼻デカ写真を初めて見た時は衝撃的で鼻デカに興味を持ったきかっけでした

blg38038.jpg

魚眼レンズで撮った秋のどんより雲

blg38039.jpg

アンディの鼻デカショット

普通に撮っても遠近感で鼻デカ写真は撮れますがそれでは納得がいきませんでした

blg38040.jpg

レニーの鼻デカショット

いろいろ試行錯誤してたどりついたのが鼻を特大に撮る鼻デカショットです

blg38041.jpg

撮影方がポイントですが一番重要なのは飼い主との信頼関係です

blg38042.jpg

レンズくっつける位に近くに寄せますのでこの特大鼻デカを撮れる犬はアンディとレニーだけです

最近はあまり魚眼レンズを持ち出さなくなりましたが秋はたくさん鼻デカ写真を撮りたいと思ってます

シルバーウィーク中は皆様へのご訪問が遅れ気味になると思いますがご容赦下さい


nice!(191) 

魚眼レンズショット [特殊効果写真]

今日は子供の日ですので魚眼レンズで撮った遊び写真です

以前はよく活用していたレンズですが最近は持ち出す事がだいぶ減りました

blg36189A.jpg

対角180℃で撮れますので空を大きく背景に入れるのには最適です

独特の歪みは魚眼レンズの味のある描写だと思ってます

blg36190.jpg

この日は縞模様の面白い雲でした

blg36191.jpg

大きく空を背景にアンディの全身ショット

blg36192.jpg

レニーもローアングルで全身ショット

blg36194.jpg

鼻ではなく花デカショット

blg36195.jpg

魚眼レンズで一番好きな撮影は鼻デカショット

普通の鼻デカでは個性もないので顔の半分くらに鼻を大きく撮るこだわりがあります

blg36196.jpg

かなりレンズを近づけますので特大鼻デカショット撮影はアンディとレニーの限定です

鼻に付くくらいまでレンズを寄せますので飼い主との信頼関係も重要です

blg36193.jpg

地球儀の上に居るような円いショットも楽しめます

上手い方はアート的にも撮れるレンズですが私は遊び写真として活用してます


nice!(171) 

鼻デカセレクト [特殊効果写真]

ブログが10年目に入り過去を回想中ですが本日は小休憩です

これまでアンディとレニーを撮った写真はとてつもない枚数があります

過去の写真を引っ張り出すのもかなりの時間が掛かってます

アンディとレニーの鼻デカ写真を取り始めた頃の写真を集めてみました

blg35210A.jpg

フィッシュアイレンズを購入したのは2008年4月でした

その前までは遠近感を生かして超広角レンズで鼻デカショットを撮ってました

フィッシュアイレンズで撮ると面白いように撮れましたがなかなか思うようには扱えなかったです

blg35211.jpg

最初の頃はアンディとレニーを横向きして撮ってました

blg35212.jpg

レンズの特性で少し寄せれば鼻が大きく見えますが当時がこれが精一杯でした

blg35213.jpg

アンディとレニーがかなりレンズを近づけても大丈夫になり大きな鼻デカショットが撮れるようになりました

blg35214.jpg

鼻にギリギリでレンズを寄せるので鼻デカショット撮るには飼い主との信頼関係も大切です

blg35215.jpg

使い始めて半年後には特大鼻デカショットが撮れるようになりました

blg35216.jpg

首を上げる角度が少しでも違うと鼻の角度も大きき変わっていきます

blg35217.jpg

暑い季節は口を開けた状態の鼻デカショットが撮れます

blg35218.jpg

口開け鼻デカショットはコミカルな感じになります

blg35219.jpg

ベロも大きく写ります

今はたまに鼻デカは撮ってますがレンズを扱えるようになるまで悪戦苦闘した事を思い出します


nice!(187) 

フィッシュアイで秋空 [特殊効果写真]

いよいよ慌しい季節になってきまして週末は連休とはいかなかったです

今週は多忙な為に簡易的な記事が続くと思いますがご容赦下さい

今年は散歩していてもあまり秋らしい空を見てません

地元で大きく空を撮れる場所がないのでお出かけした時に空の写真は撮ってます

blg33892A.jpg

絵のような薄い秋らしい雲が広がってましたのでフィッシュアイレンズで撮りました

フィッシュアイレンズは2008年に購入した当初はいつも活用してましたがここ数年は出番が減ってます

blg33893.jpg

対角180℃で広角に撮れるので空を強調したい時は最適なレンズです

blg33894.jpg

秋空をバックのアンディ

blg33895.jpg

レニーはいつものように向きを変えて撮ってます

blg33896.jpg

blg33897.jpg

背景の空は大きく入れてワンコはローアングルでと撮る構図が好きです

今年はウロコ雲に背景が撮れないまま秋が終わってしまいそうです


nice!(180) 

遠近感 [特殊効果写真]

散歩がてら久しぶりに広角レンズでアンディとレニーを撮ってみました

買った当初はよく活用していたレンズですが最近はあまり出番が減少してます

blg33497A.jpg

ワイド側で寄せて撮ると遠近感で面白い写真が撮れるの遊び写真にも向いてます

blg33498.jpg

落ち葉より小さくなったアンディとレニー

blg33499.jpg

フィッシュアイレンズには適いませんがちょっとした鼻デカ写真にもなります

blg33500.jpg

ロングノーズのアンディ

blg33501.jpg

顔を少し上げてるだけですが遠近感で空を見上げてるようなアングルです

blg33502.jpg

blg33503.jpg

後ろから撮ると顔が小さく身体が大きく違った動物のようです

blg33504.jpg

朝日を背中に浴びるアンディとレニー 遠近感で影が大きく見えるのも好きなアングルです

一般的な活用法ではないですが犬撮りには面白い写真が撮れて楽しめます


nice!(178) 

秋空の下で [特殊効果写真]

秋空の下でアンディとレニーをフィッシュアイレンズで撮ってみました

広角で対角180℃の画角は空を強調したい時は最適です

blg33315A.jpg

買った当事はよく活用してたレンズですが最近はすっかり出番が減ってます

アンディとレニーには被写体になって貰って練習撮影をよくした想い出のレンズでもあります

blg33316.jpg

最初は思うように写せずに悪戦苦闘しました

blg33317.jpg

フィッシュアイと言ったら鼻デカショットです

blg33318.jpg

顔を上げてる角度も重要で2ワンには長い時間で練習撮影に付き合って貰いました

今は簡単に撮れるようになりましたがコツを覚えるまで道のりは長かったです

blg33319.jpg

順光で撮ると撮影者の影も入ってしまうのでサイド光にアンディとレニーを配置してます

blg33320.jpg

秋空の下のアンディ

blg33321.jpg

レニーは向きを変えて撮りました

blg33322.jpg

秋空の下でアンディとレニーの撮影が楽しめました

今度ははっきりしたウロコ雲が見えるときにまた写真を撮りたいと思います


nice!(180) 

セレクトカラーな2ワンVOL.7 [特殊効果写真]

特定域の色だけ残してモノクロにしたアンディとレニーの写真です

カメラモードでその場で写すかカメラの編集機能かソフトで後で編集する方法があります

blg33248A.jpg

赤系の色を指定するとアンディとレニーの毛色を認識して他の色がモノクロになります

blg33249.jpg

デジイチで撮ればボケた色だけ強調も出来ますがこれは後はカメラの編集機能でセレクトカラーにします

NikonではセレクトカラーでSonyではパートカラーでメーカーによって呼び名が違いますが機能は同じです

blg33250.jpg

カメラのモードをセレクトカラーにして撮った方が編集の手間がなく楽です

blg33251.jpg

黄色いオシロイバナとアンディとレニー

blg33252.jpg

blg33253.jpg

緑の2枚の写真を比較すると色の領域が少ない方が色が引き立って見えます

blg33254.jpg

編集しなくてもアンディとレニーの毛色は背景だけをモノクロで撮れます

blg33255.jpg

キバナコスモスとアンディとレニーの毛色の色域は近いようです

blg33256.jpg

植物はセレクトカラーには最適な被写体です

blg33257.jpg

blg33258.jpg

背景だけがモノクロになるといつもの散歩道も違った風景に見えるので面白いです


nice!(179) 

鼻デカ写真 [特殊効果写真]

久しぶりにアンディとレニーの鼻デカ写真を撮りました

最近はすっかり出番が減ったフィッシュアイレンズですが鼻デカ写真が撮りたくて買いました

blg32422A.jpg

2ワン同時に鼻デカ写真を撮るのが一番難しいです

アンディとレニーが顔が顔を上げる角度が同じでないと同時に鼻デカになりません

blg32423.jpg

少しコツがありますが単独での鼻デカ写真は簡単に撮れます

blg32424.jpg

ある程度で鼻が大きくならないと納得がいきませんので何度も撮ってしまう事が多いです

blg32425.jpg

アンディの特大鼻デカ写真

特大ショットはかなりレンズを寄せて撮りますのでピンが浅くなりますのでどうしても表情がボケてしまいます

AFは効かない距離ですのでピン会わせはMFです

blg32426.jpg

レニーも特大鼻デカ写真

レンズが鼻に付く位まで寄せますのでこの撮影には飼い主との信頼関係も重要になってきます

blg32427.jpg

遠近感が出て表情がコミカルに撮れるのも面白いです

夏の時期は大きく舌を出してる鼻デカ写真が撮れますので季節的なショットでもあります


nice!(163) 
前の10件 | - 特殊効果写真 ブログトップ

 

本日もご訪問を頂きありがとうございます 多忙につきまして落ち着くまでの間ですが

皆様へのところへのご訪問がしばらくはniceのみにると思いますがご容赦下さい

fuuta--完成11.jpg

ソネブロの不具合で更新通知が遅れてます